ローン

お金を借りるならどこがいい?お金を借りる最適な方法をタイプ別に紹介

お金を借りる
maru_finance_user
 

お金を借りなければいけない状況は誰にでも起こる可能性があります。しかし、お金を借りる方法は数多く存在するので困った時にお金を調達するのはそれほど難しくないかもしれません。

ただ、お金が必要な状況は人によって様々です。必要な金額や緊急度、さらにはお金を借りたい方の立場によって最適な方法は異なります

ここでは、様々なお金の借り方をタイプ別に解説します。お金が必要な状況と希望に合致する最適な方法を選んでください。

目次
  1. お金を借りる際に注目するポイント
  2. 即日お金が必要であれば消費者金融のカードローン
  3. 金利を重視するのであれば銀行カードローン
  4. その他金融機関でお金を借りる方法
  5. 使いやすいアプリでお金を借りる方法3つのアプリをご紹介
  6. 自分の財産を担保にしてお金を借りる方法
  7. 公的融資などでお金を借りる方法
  8. 生活再生のためにお金を借りる方法
  9. この4つの方法なら学生もお金を借りられる
  10. 困った時にお金を借りる方法と注意点
  11. お金に困ってもしてはいけないこと
  12. 正しいお金を借りる方法を知って安全に利用しよう

お金を借りる際に注目するポイント

お金を借りる際に注目するポイント
金融機関からお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
\お急ぎの人向け/
大手消費者金融
あり最短即日~18.0%成人で安定した収入のある方
\審査が不安な人向け/
中小消費者金融
あり最短即日~20.0%成人で安定した収入のある方
\金利重視の人向け/
銀行カードローン
あり数日程度~15.0%20歳以上で安定した収入のある方
フリーローンあり2週間程度~15.0%成人で安定した収入のある方
クレジットカードのキャッシングあり即日18%キャッシング枠があれば利用可能
ろうきんあり2週間~1ヶ月程度~10%程度組合員もしくはその地域に居住、勤務している方
JAバンクあり2週間~1ヶ月程度~11%程度JAの組合員
ビジネスローンあり最短即日金融機関による所定の条件を満たした法人、個人事業主など
アプリでお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
PayPayのミニアプリあり最短翌営業日~18.0%20歳以上で安定した収入のある方
LINEポケットマネーあり数日程度~18.0%20歳以上で安定した収入のある方
バンドルカードなし即日
自身の財産を担保にしてお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
不動産担保ローンあり1週間~1ヶ月程度~15.0%担保にできる不動産を所有している方
リバースモーゲージあり2週間程度3%程度担保にできる不動産を所有している方
生命保険の契約者貸付なし数日程度~8%積立型の生命保険に加入している方
ゆうちょ銀行なし最短即日銀行金利+0.5%程度ゆうちょ銀行に担保となる定期預金をしている方
車金融なし最短即日金融機関による担保となる自動車やバイクを所有している方
小規模企業共済なし最短即日1.5%小規模企業共済に加入されている方
質屋なし即日月利~9%質草となる物品を所有されている方
公的にお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
国や公共機関の貸付制度あり1週間~1ヶ月程度~3.0%所得制限があり、制度によっては保証人が必要
日本政策金融公庫あり2週間~1ヶ月程度~2.5%新たに事業を始める方で所定の要件を満たす方
教育一般貸付あり最短20日1.95%世帯年収の上限を超えず連帯保証人がいる方
善意銀行あり数日程度なし所得制限を超えず保証人がいる方
生活再生のためにお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
生活サポート基金あり
2週間~1ヶ月程度
なし所得制限を超えず保証人がいる方
生協あり~10%程度特定の組合員の方
学生がお金を借りる方法
お金を借りる方法審査の有無融資までの期間一般的な金利利用条件
学生ローンあり最短即日~17%程度高校生を除く18歳以上の学生
奨学金あり20日程度~1.5%程度所定の条件を満たした学生、保証人がいる方

お金を借りる方法を選択する際に注目すべきポイントは3つあります。

  1. 融資までの時間
  2. 返済の負担(金利の利率)
  3. 審査の難易度

申し込んだその日のうちにお金を借りたいという方もいればとにかく支払う利息を抑えたいという方もいるでしょう。

審査に自信がない方は借りやすいかどうかが重要なポイントになるはずです。

お金を借りる時には、重視しているポイントと譲歩できるポイントを意識してください。その上で希望にあったお金の借り方を選びましょう。

即日お金が必要であれば消費者金融のカードローン

即日お金が必要であれば消費者金融のカードローン
消費者金融プロミスSMBCモビットアイフルレイクアコム
実質年率4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~18.0%3.0%~18.0%
限度額500万円800万円※1800万円※2500万円800万円
融資までの時間最短20分最短即日※3最短20分※4最短25分※5最短30分
WEB完結融資まで融資まで融資まで融資まで融資まで
無利息期間初回利用の翌日から30日間なし初回契約の翌日から30日間初回契約の翌日から30日間、60日間、180日間のいずれか※※初回契約の翌日から30日間
Q
注釈

※1 借入限度額は審査によって決定します
※2 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
※4 お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります
※5 21時(日曜日は18時)までのWebでのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合があります。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※※貸金業者の商号:新生フィナンシャル株式会社
関東財務局番号・登録番号:関東財務局長(10) 第01024号
協会員番号:日本貸金業協会会員第000003号 
貸付利率:(年率)4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
遅延損害金(年率):20.0% 
担保の有無:不要
レイクの無利息サービス条件
・無利息期間経過後は通常金利適用となります。

大手消費者金融カードローンのメリットとデメリット

大手消費者金融のカードローンには下記のような特徴があります。

  • 審査スピードの速さ
  • 24時間365日融資に対応できる
  • スマホアプリのみで借入可能
  • 無利息期間サービスの提供(一部を除く)
  • 金利が高い
  • 他のローンの契約に影響する

特筆すべきは抜群の審査スピードです。大手消費者金融は申し込んでから最短で20~30分程度、多少時間がかかったとしても1時間程度で借り入れができます。

大手消費者金融は「スコアリング審査」を採用しているので素早く結果を出すことができます。スコアリング審査では、今までに蓄積した利用者の年齢、勤務状況、住居、家族、他社借入状況などの情報を点数化し、予め設定されている基準をクリアしているかを機械的に判断されます。

一方で、人による確認はほぼ行われないため、個人的な事情などは一切考慮されません。スコアの結果のみがすべてなので、審査落ちした場合は申込者の状況や環境に変化がないと同じところで再度申し込んでも審査に通らない可能性があります。

金利は高めに設定されているので、返済の負担は大きくなります。しかし、無利息期間を提供している会社ならば、短期利用にとどめることで負担を0にすることが可能です。

さらに、消費者金融を利用時に住宅や自動車のローンに申し込む際に審査に影響を及ぼします。借入額の総額や取引件数次第では返済能力に懸念を持たれ、審査通過が難しくなる可能性があるのです。

大手消費者金融各社のカードローンを解説

【プロミス】原則24時間最短10秒で振込可能!融資まで最短20分

プロミス
プロミスの特徴
  • 最短20分で融資可能
  • 提携金融機関およそ200社が原則24時間最短10秒振込に対応
  • 初回利用の翌日から無利息期間が開始

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は、申し込みから契約まではスマホアプリのみで完結し、借り入れは最短20分で可能になります。土日の申し込みでも即日融資ができるのも魅力です。

振込キャッシングは24時間365日対応しており、原則24時間最短10秒で銀行口座にお金が振り込まれます。しかもおよそ200の提携金融機関が10秒振込に対応しているので、地方銀行口座を利用している方でも困ったときにはすぐにお金を借りられます。

また、プロミスが提供している無利息期間サービスは初回利用の翌日から開始されるので、契約を完了しても利用しなければ無利息期間が適用されません。いざという時のために契約だけしておくこともできます。

【SMBCモビット】原則電話連絡がないカードローン

SMBCモビット
SMBCモビットの特徴
  • 原則電話連絡がないので家族や職場に利用がバレない
  • 審査スピードが速く最短30分で審査が完了
  • カードレスでスマホのみで利用が可能

SMBCモビットのWEB完結申込なら、職場への電話連絡と郵送物をなしにすることができます。ただし、そのためにはいくつか条件を満たさなければなりません。

郵送物なしで契約する場合は返済を口座振替で行う必要があるため、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている必要があります。

また、職場への電話連絡をなしにしてもらうには、社会保険証もしくは組合保険証、場合によっては会社名が確認できる収入証明書の提出も求められます。

必要となる書類は多いもののカードローンの利用を周りに知られたくない人には非常におすすめです。

WEB申込でも審査は最短で30分で完了します。しかもカードレスで利用できるためスマホさえあればすぐに利用が可能になります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

【アイフル】大手消費者金融の中でも最速レベルの審査スピード

アイフル
アイフルの特徴
  • 申込みから融資まで最短20分
  • 大手消費者金融の中では唯一の独立系企業で経営の意思決定が速い
  • アプリローンやカスタマーサービスの評価が高い

アイフルは、最短20分融資や24時間365日融資サービス、原則電話での在籍確認を行わないなど、顧客のニーズをしっかりとらえたサービスを行っています。数あるサービスの中でもアプリローンの使い勝手の良さやサポートセンターの対応は高く評価されています。

はじめての方向けに無利息期間サービスも提供しており、利息負担を最大30日間ゼロ円にすることも可能です。契約翌日から適用されるので、すぐに利用を始める方におすすめです。

最短時間で融資を受けたいと希望される方は、WEBで申し込み、その後サービスセンターに電話して急いでいる旨を伝えてください。優先的に審査が行われます。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

【レイク】選べる無利息期間で返済の負担が軽減できる

レイク
レイクの特徴
  • Webで最短25分で申し込みから融資まで可能
  • はじめての申込で最長180日間適用される無利息サービスがある
  • 日曜日でも18時までに申し込めば即日融資可能

レイクは、SBI新生銀行のカードローン契約機を利用すれば土日でも契約ができ、即日融資が受けられます。WEBでの受付でも条件が揃えば即日融資可能です。

申し込みから融資までWebで最短25分と審査スピードも速く、営業時間ギリギリに申し込んだりしない限りは当日中にお金を借りることができるでしょう。

また、レイクの大きな特徴は複数の無利息期間サービスがあることです。初めて利用する方なら「借入額のうち5万円まで180日間無利息」か「Web申込で60日間無利息」が選べます。

Q
※無利息期間の注釈

※※貸金業者の商号:新生フィナンシャル株式会社
関東財務局番号・登録番号:関東財務局長(10) 第01024号
協会員番号:日本貸金業協会会員第000003号 
貸付利率:(年率)4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
遅延損害金(年率):20.0% 
担保の有無:不要
レイクの無利息サービス条件
・無利息期間経過後は通常金利適用となります。

【アコム】新規契約率が比較的高めで人気もある

アコム
アコムの特徴
  • 新規契約率が大手消費者金融の中でも高め
  • 無人契約機の数が多く日本全国どこでも利用可能
  • クレジットカードの申し込みも可能

アコムは新規契約率(申し込みから契約に至るまでの割合)が、比較的高めの消費者金融です。

アコム42.0%
プロミス41.9%
アイフル37.8%
レイク26.6%
2023年6月の新規契約率比較

カードレスで利用でき、楽天銀行の口座があれば24時間振込キャッシングに対応可能です。初回契約者に対する30日間無利息サービスも提供しています。

全国各地に展開している無人契約機「むじんくん」で営業時間内に申し込めばその日のうちにローンカードが手に入ります。なお、むじんくんではアコムが発行しているクレジットカード「ACマスターカード」の申し込みも可能です。

大手消費者金融の審査が難しい方は中小消費者金融も選択肢に

大手消費者金融の審査が難しい方は中小消費者金融も選択肢に
中小消費者金融の特徴
  • 柔軟な審査が期待できる
  • 大手消費者金融より金利が高く利用限度額が低い
  • 即日融資が難しい場合も

中小消費者金融は、銀行カードローンや大手消費者金融で融資を受けられない方を主なターゲットとしています。このため、中小消費者金融は審査が甘いという印象を持たれがちですが、実際には審査通過率は決して高くはなく、厳しく審査されています。

それでも大手カードローンに通らない方にも融資するのは、大手にはない柔軟な審査が可能だからです。

大手消費者金融の審査方式は利用者の属性を点数化して機械的に判断する「スコアリング方式」です。一方で中小消費者金融の審査は担当者が状況を確認し融資の可否を判断します。

点数が一定の基準に達していないと審査に通らない大手と違い、他社からの借り入れや過去に金融事故を起こしたなどの問題があったとしても、それを補えるポイントがあれば、審査に通る可能性もあるのが中小消費者金融の強みです。

全国からの申し込みに対応している中小消費者金融も増えてきていますが、審査は人が行うため時間がかかります。即日融資に対応している中小消費者金融もありますが、まだ数は多くありません。

上限限度額は大手のように高額ではありませんが、総量規制でそもそも年収の3分の1以上の融資ができないので、そこまで大きなデメリットにはならないでしょう。

最高金利は法定金利の上限である20.0%、もしくはそれに近い金利に設定されています。融資額が低い中小消費者金融では、ほぼ確実に上限金利が設定されます。

一部の中小消費者金融は無利息期間サービスを提供しているので、大手のように一定期間利息を無料にすることも可能です。

金利を重視するのであれば銀行カードローン

金利を重視するのであれば銀行カードローン

支払う利息をできる限り抑えたい方は、金利が低い銀行カードローンをおすすめします。

多くの消費者金融が50万円までの融資に18%の金利を適用しているのに対し、銀行のカードローンの金利は14.5%程度です。

借り入れが長期間になると多少の金利の差でも支払う利息の差は大きくなります。特にカードローンのように何度も借入や返済を行うローンはその差が顕著に出ます。

銀行カードローンは消費者金融系カードローンのように即日融資に基本対応していない場合があります。

銀行では融資の申込みがあると申込者が反社会勢力に属しているかどうかや犯罪歴を確認するために、警察庁のデータベースと照合する作業に時間がかかる場合があるからです。

また、銀行によってはカードローンの申し込み条件に「(その銀行の)口座を保有していること」を挙げています。カードローン審査よりも、口座の開設には時間がかかる可能性が高いので、事前に開設しておきましょう。

銀行カードローンは、金利の低さや条件の良さだけで申し込めるものではありません。さらに、WEB申込はできてもWEB契約はできない可能性がある点にも注意しましょう。

一度に大きな金額を借りるならフリーローン

フリーローンとは個人向けローンで、主に銀行や信用金庫などで提供されています。

用途は自由ですが事業や投資などの資金に利用できません。契約すると一括でお金が振り込まれ、その後は返済していくのみです。

追加融資を受けるためには再度審査に通る必要があります。限度額内で何度も自由に利用できるカードローンと比べると使い勝手が悪い印象を受けますが、利用目的次第ではカードローンよりも便利です。

フリーローンはカードローンよりも金利が低めに設定されています。銀行によってはカードローンと大して変わらない金利設定になっている物もありますが、上限金利が10%を切っている物もあるので利息を大幅に減らすことができます。

また、フリーローンを取り扱っているのは金融機関であるため、貸金業法で定められている総量規制の対象になっていません。そのため年収の3分の1を超える融資も可能です。

低金利・高額融資が可能な分、審査はカードローンよりも厳しく行われます。融資までに数日~数週間はかかるため、今すぐにお金を借りたいという方には向いていません。

しっかりとした目的があり、その目的達成のために必要な金額が計算できている場合はフリーローンのほうが良いでしょう。ちょっとした出費や生活費など日常使いの場合は繰り返し利用できるカードローンが便利です。

カードローンは大手銀行と地方銀行、どちらがお得?

銀行カードローンのスペックは、大手銀行でも地方銀行でも大きな差はありません

強いてあげるなら金利や対象地域が異なる点です。大手銀行は全国から申し込めますが、地方銀行は特定の地域のみを対象としているところも少なくありません。金利の設定も各銀行で異なり、地方銀行の金利が低い場合もあります

審査に関しても警察庁データベースに照合する条件は同じなので審査回答は最短翌営業日になる場合もありますが、一部では審査結果を最短即日で出してくれる銀行もあります。

審査を有利に進めたいならすでに取引のある銀行で申し込むのがおすすめです。特に給与振込口座として使っている場合、月々の収入や勤務先などの情報が銀行に伝わっているので、審査に通る可能性が高くなります。

おすすめ銀行カードローン6選

消費者金融三井住友銀行
カードローン
三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」
横浜銀行
カードローン
楽天銀行
スーパーローン
みずほ銀行
カードローン
千葉銀行
ちばぎんカードローン
実質年率年1.5%~14.5%年1.8%~14.6%年1.5%~14.6%(変動金利)年1.9%~14.5%年2.0%~14.0%年1.4%~14.8%
借入限度額10万円~800万円10万円~500万円10万円~1,000万円10万円~800万円10万円~800万円10万円~800万円
融資までの時間最短当日※1最短即日※2最短当日数日翌営業日以降※3最短翌営業日
口座なし契約の可否可能可能不可可能不可不可

※1 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 テレビ窓口でのカードお受け取りを希望の場合
※3 みずほ銀行口座のキャッシュカードがある場合

【三井住友銀行カードローン】利便性が高く初めてでも安心

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンの特徴
  • 最短当日に融資可能な銀行カードローン
  • 三井住友銀行の口座があればキャッシュカードで利用可能
  • 口座がなくても契約できる

三井住友銀行カードローンは、銀行口座を持っていなくても利用できるカードローンです。ローン専用カードでもカードレスでも取引ができます。

審査スピードは銀行カードローンでは非常に速く、最短当日融資も可能です。現時点では当日融資が可能な大手銀行カードローンといえます。

口座を持っている方は、キャッシングカードで借り入れができるようになるため、郵送物なしでカード取引を始められます。口座がない方が郵送物なしにする場合は、ローン契約機まで受け取りに行くかカードレスを選ぶ必要があります。

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【三菱UFJ銀行カードローン バンクイック】少額返済に対応しているカードローン

三菱UFJ銀行-バンクイック
三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの特徴
  • 24時間いつでも申し込み可能で審査結果は最短即日に判明
  • コンビニATMの利用手数料が無料
  • 毎月の最小返済額が1,000円

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、WEBから24時間いつでも申し込みが可能で審査結果は最短即日に連絡されます。

カードはテレビ窓口で直接受け取るか郵送で受け取ります。三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていればカードが届く前に振込キャッシングで融資してもらえます。

スマホアプリを使えば申し込みの手続きが簡単に行えます。三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている方なら借入と返済もアプリで行えます。

返済の最小金額は1,000円からとなっており、返済の負担が非常に小さいのも大きな特徴です。また、自行ATMと提携しているコンビニATMの利用手数料が無料なので、借り入れ・返済ともに気軽に行えます。

【横浜銀行カードローン】アプリで借入や返済ができる

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンの特徴
  • 借入限度額最高1,000万円、他社のおまとめも可能
  • アプリ「はまぎん365」で借り入れや返済ができる
  • 審査結果は最短即日に判明

横浜銀行カードローンは、最短即日に審査回答、契約当日の融資が可能です。契約の際には横浜銀行口座が必要になるので、当日融資を希望する場合は事前に開設しておく必要があります。

カードローン専用アプリはありませんが、横浜銀行アプリ「はまぎん365」にはカードローンの取引に関する機能も備わっているので、借り入れと返済ができます。

借入限度額は最大1,000万円と銀行カードローンの中でも高額で、他社借入を一本化することも可能です。

ただし、横浜銀行のカードローンは神奈川県、東京都、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に居住もしくは勤務していないと申し込めません。

【楽天銀行スーパーローン】楽天ポイントがどんどん貯まる

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 楽天ユーザーがお得なカードローン
  • 申し込みから契約までスマホで完結
  • 銀行カードローンながら利用対象者の幅が広い

日々の生活で楽天ポイントを獲得している方におすすめなのが、楽天銀行が提供している楽天スーパーローンです。入会や利用でポイント獲得、楽天会員のランクによって審査が優遇されるなど、楽天ユーザーには数々のメリットがあります。

インターネット銀行の特徴を活かし、申し込みから契約まで全てスマホで完結でき、この他にも金利の低さ、利用可能なATMの数が多いなど利便性も高いです。

パートやアルバイトの方でも申し込み可能で、銀行カードローンでありながら顧客の間口が広く気軽に利用できます。

【みずほ銀行カードローン】銀行カードローンの中でも低金利

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴
  • 銀行カードローンの中でも低金利で利用可能
  • みずほ銀行の利用者はお得に利用できる
  • 毎月の最小返済額は2,000円

みずほ銀行カードローンはメガバンクが持つ安心感と低金利がメリットのカードローンです。金利は年2.0%~14.0%と他行のカードローンと比較すると低金利です。

すでに口座を持っていればキャッシュカードでカードローン取引ができます。また、みずほ銀行の住宅ローン利用者はカードローンの金利が最大0.5%引き下げられます。

他社の借入があったとしてもみずほ銀行の口座を持っていれば比較的借りやすい、という口コミもあり、借り換えにもおすすめのカードローンです。また、毎月の最小返済金額が2,000円のため、月々の返済の負担を軽減できます。

【千葉銀行ちばぎんカードローン】WEB完結で来店不要のカードローン

千葉銀行カードローン
千葉銀行ちばぎんカードローンの特徴
  • 申し込みから契約までWEBで完結
  • 利用限度額が800万円で借り換えにもおすすめ
  • 月々の返済は2,000円からで自動返済

ちばぎんカードローンは、口座を持っていれば申し込みから契約までWEBで完結します。利用限度額が800万円と高額で、HPでは借り換えも推奨しています。利息の軽減や他社の借り入れの一本化を検討している方にはおすすめです。

返済は2,000円からの定額返済なので無理なく利用が可能です。しかも口座から自動返済のため返済忘れの心配がありません。

利用対象者は千葉銀行の営業圏内(千葉県、東京都、茨城県、埼玉県の全域、神奈川県の一部)に居住もしくは勤務している方です。

その他金融機関でお金を借りる方法

その他金融機関でお金を借りる方法

【クレジットカードのキャッシング】お金を下ろすように気軽に借りられる

所有しているクレジットカードにキャッシング機能があれば提携ATMで気軽にお金を借りられます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは他のローンと比較すると金利が高く設定されているので、あくまでも緊急的な措置、と考えたほうがよいでしょう。

キャッシングを利用する際には限度枠と総量規制に注意してください。クレジットカードにはショッピングで利用できる枠とキャッシングで利用できる枠を合算した限度額が定められています。

ただし、キャッシング枠の限度額はショッピング枠の一部のためショッピング枠を超えません。

クレジット枠50万円でキャッシング枠10万円の場合、キャッシングで10万円利用するとショッピングは40万円までしか利用できません。キャッシングの利用時は残りの限度額を意識しましょう。利用額次第ではショッピングの支払いができなくなるかもしれません。

さらに、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制に影響します。総量規制とはキャッシングやカードローンの借りすぎを防止するための法律です。

キャッシングやカードローンのような用途を問わないローンの借入金が年収の3分の1を超えると新たな借入ができなくなります。

キャッシングの利用金額によっては新たな借り入れを申し込む際に審査に通らなくなる可能性があります。

【ろうきん】低金利で数多くのローンがある

ろうきんは、労働組合や生協の方々が資金を出し合って、助け合うために設立された非営利の福祉金融機関です。カードローンを含む多種多様なローンを低金利で提供しています。

会員区分は「会員組合員」「生協組合員」「一般勤労者」となっており、組合員でなくてもろうきんの営業エリア内に居住もしくは勤務していれば利用できます

一般勤労者は組会員よりも金利は高くなりますが、利率は一桁台で銀行カードローンよりも低く設定されています。

低金利で借りられるのが魅力ですが、一方で、融資までに2週間以上かかる、正式な申し込みと契約時に来店が必要になる、など手間と時間がかかる点がデメリットです。

【JAバンク】会員になればお金を借りられる

JAバンクのカードローンは銀行より低金利で利用できます。金利と限度額は各JAによって設定が異なるので、商品の概要はお住まいの地域のJAに確認しましょう。

JAバンクのローンを利用できるのは、JAの会員で農業に従事している方と出資金を支払って准組合員となっている方です。

JAへの出資金額は1口1,000円~10,000円となっており、各地域によって異なります。また、組合員になるにも手続きに時間がかかります。

申し込みから融資までの時間は最短で2週間、長くて1ヶ月です。時間に余裕のある方向けのローンです。

【ビジネスローン】中小零細企業や個人事業主には頼りになる存在

ビジネスローンは、事業を行う法人や個人事業主に対して事業に使用するための資金を融資する金融商品で、銀行や信用金庫、消費者金融などのノンバンクが提供しています。

「運転資金(つなぎ融資)」「設備投資」などに利用でき、資金繰りに頭を悩ましている中小零細企業、個人事業主にとって頼りになるローンです。

基本的に無担保、保証人なしで利用できます。金利は高いものの利用できる法人の対象が広く比較的審査が通りやすくなっています。

なお、銀行で提供されているビジネスローンは低金利で審査は厳しめ、ノンバンクの物は高金利で審査は比較的通りやすいという特徴があります。

【おまとめローン】一本化で返済の負担を軽減

「おまとめローン」は、複数の金融機関から借りているローンを一本にまとめるローンです。総量規制の例外となる「顧客に有利となる借り換え」であるため、年収の3分の1以上の貸付が可能です。

ただし、必ずしもすべての借り入れをまとめられるわけではないので注意が必要です。

また、基本的におまとめローンの用途は返済目的のみで、自由に使えるわけではありません。

契約した銀行または消費者金融によっては、自動的に今までの借入先に支払いが行われ、後はおまとめローンを返済して行くだけになります。

使いやすいアプリでお金を借りる方法3つのアプリをご紹介

スマホアプリでお金を借りる方法

金融機関を利用しなくても、スマホのおなじみのアプリだけでお金を借りる方法があります。大手消費者金融のカードローンはスマホアプリのみでお金を借りられます。

中にはおなじみのアプリでお金を借りられます。

【PayPayミニアプリ】初回契約者は30日間無利息

PayPayミニアプリ

キャッシュレス決済アプリ「PayPay」でもお金を借りられます。正確には、PayPay経由で提携しているPayPay銀行のカードローンサービスを利用できるという形です。

お金を借りるには、PayPay内のミニアプリ「お金を借りる」をからPayPay銀行のWEBページから申込み、審査に通ったあと振込手続きをするとPayPay銀行口座にお金が振り込まれます。

PayPay銀行の口座を持っていなければ、ローン契約までに口座開設を行う必要があります。

PayPayの「初回契約者30日間無利息サービス」は制限や条件なく利用できます。30日以内の短期利用を考えている方には非常にお得といえます。

【LINEポケットマネー】LINEだけで申込から借入まで

LINEポケットマネー

「LINEポケットマネー」は申し込みから契約までの手続きが全てLINE上で完了するユニークな個人向けローンです。借り入れるときは、LINE Payへのチャージか指定の銀行口座への振込になります。

審査は、まず本人確認から行われます。顔写真付きの身分証明書をカメラで映して送信、その後個人情報や希望額の入力、事前にLINEスコアをしていない場合は15の質問に答える必要があります。審査結果はLINEで通知されます。

審査時間は、あまり早いほうではなく1週間かかる場合もあるようです。申し込みから借り入れはLINEで手軽に行えるものの、すぐに借りるのは難しいかもしれません。

【バンドルカード】後払いでOK

バンドルカード

バンドルカードはVisaブランドを持ったチャージ式のプリペイドカード機能を持つアプリです。

基本的に、バンドルカードにクレジットをチャージしてから利用するので、お金を借りる物ではありません。

しかし、このバンドルカードは後払い機能「ポチっとチャージ」があり、自分のお金をチャージしなくても一定の金額までは一時的に立て替えてもらうことができます。使った金額に応じて手数料が発生し、翌月末日までに手数料を含めた合計金額を支払います。

利用代金手数料
3,000円~10,000円510円
11,000円~20,000円815円
21,000円~30,000円1,170円
31,000円~40,000円1,525円
41,000円~50,000円1,830円

何度も使っていると「ポチっとチャージ」で利用できる金額が制限されてくることや、手数料が高額であることなどから繰り返しの利用にはあまり向いていませんが、いざというときに使える機能です。

バンドルカードは、Visaクレジットカードが利用できるほとんどの店舗で利用できます。

自分の財産を担保にしてお金を借りる方法

自分の財産を担保にしてお金を借りる方法

【不動産担保ローン】低金利で高額融資が可能

不動産担保ローンは、土地、家屋、マンション、店舗などを担保にしてお金を借りるローンです。

担保となる不動産は本人名義である必要はなく、3親等以内の家族や法人名義の物件、金融機関によっては購入予定の不動産も対象になります。

返済ができなくなったときに担保を売却されてしまうというリスクはありますが、無担保ローンよりも低い金利で高額の融資を受けられます。

一方で、融資を受けるまでのプロセスが多く審査に時間がかかり、審査基準も各金融機関によって異なります。

【リバースモーゲージ】自宅を担保に老後資金を調達できる

リバースモーゲージは住居を担保にしてお金を借り、元金は利用者が亡くなった後に担保となる不動産の売却によって返済される不動産担保ローンで、金融機関や各都道府県の社会福祉協議会が提供しています。

利用中支払わなければならないのは利息のみで、非常に負担が少ないという大きなメリットがあります。

ただ担保ローンは担保にした物の価値が下落した場合、途中で融資を止められるリスクもあり、リバースモーゲージも例外ではありません。

また、利用対象は高齢者に限られており、担保所有者でも対象年齢なっていない方は利用できません。

【生命保険の契約者貸付制度】審査なしでお金を借りられる

生命保険を契約していれば、契約者貸付制度を利用して保険会社からお金を借りられます。対象となる保険は解約するとお金の払い戻しがある終身保険や養老保険のような積立型の生命保険です。

契約者貸付は、積立型の保険を解約すると契約者に返還される解約返戻金(かいやくへんれいきん)を担保にして融資を行う制度です。生命保険を解約する必要はなく、審査もありません。

金利は3~6%と低金利で、借入限度額は解約返戻金の7~9割です。契約期間内であれば返済の期限がないため、毎月返済しなくても問題ありません

ただし、借り入れをしている時に保険を利用すると受け取れる金額が少なくなります。また、解約返戻金を超える借り入れをすると保険が解約されてしまうので、この2点には注意しましょう。

【ゆうちょ銀行】担保となる定期・定額貯金があればお金を借りられる

郵便局でお金を借りる方法はないもののゆうちょ銀行ではお金を借りられます。しかし、「貯金担保貸付」と「ゆうちょ銀行発行のクレジットカードのキャッシング」の2つの方法しかありません。

貯金担保貸付は、定期預金を担保にした融資制度です。普通預金口座しかもっていない方は利用できません。

金利は0.25~0.5%と非常に低金利で、利用限度額は定期預金額の90%、貸付期間は2年間(2年までに満期が来ればその時期)です。

【車金融】審査はないものの利用時には注意が必要

自動車やオートバイを所有していればそれを担保に融資してくれる金融業者があります。カードローンのように利用者個人の審査はなく、担保にする車やバイクの価値のみで融資します。

車やバイクの車種や年数は問われません。また、ローンの返済中でも融資は可能です。困った時には助けになりますが、下記のようなデメリットもあるので十分考慮した上で利用してください。

  • 返済できなくなると担保の車やバイクは没収される
  • 買い取りと比較すると査定額が低い
  • 融資額以上に返済額が大きくなる可能性がある

さらに、車に関する金融業者は悪質な業者も数多く存在します。業者選びも慎重に行ってください。

【小規模企業共済】加入者は審査なしでお金を借りられる

小規模企業共済に加入していれば貸付制度を利用して事業資金を最短即日で借り入れできます。

利用限度額は掛金の7~9割で、限度額2,000万円以内、金利は1.5%と低金利です。積立の範囲内のため審査なしでお金を借りられます。

貸付には下記のように様々な種類があります。

  • 一般貸付制度
  • 緊急経営安定貸付け
  • 傷病災害時貸付け
  • 福祉対応貸付け
  • 創業転業時
  • 新規事業展開等貸付け
  • 事業継承貸付け
  • 廃業準備貸付け

【質屋】審査なしでその場でお金の借り入れ可能

宝石や腕時計、ブランド品、ゲーム機、カメラやパソコンなどがあれば質屋に預けてお金を借りられます。

借り入れ可能な金額は預けた物品の鑑定額の7割程度で、物品の鑑定はあるものの審査はありません。その日のうちに手に入り、しかも返済の督促もありません。

デメリットは返済しないと預けた物品が質流れになる点と支払う利息です。

質屋でお金を借りた時の返済期限は約3ヶ月です。返済期日を過ぎると預けた物品は「質流れ」となり、売却されてしまいます。

買い戻せば手元に戻ってきますが、誰かが買い取ってしまった場合はその限りではありません。失いたくない物を質草にする場合、必ず借りたお金を返済してください。

また、質屋の金利は消費者金融より高く設定されています。質屋が表示している金利は一桁台の利率のため、消費者金融や銀行と比較すると低く感じるかもしれません。

しかし、質屋が提示している金利は「年利」ではなく「月利」です。例えば、金利を2%と表示している質屋は、年利に換算すると24%です。上限金利18%台が多い大手消費者金融と比べると高い数値です。

売却すればお金も手に入り、返済する必要もありません。質屋を利用する場合は、状態の良い不用品を売るのも一つの手段です。

公的融資などでお金を借りる方法

公的融資などでお金を借りる方法

金融機関や貸金業者から借りられない時は、国や市町村が提供している公的融資を利用することができます。

お金を借りるまで時間はかかるものの返済の負担が軽いので、困っている方は参考にしてください。

【国や市町村の公的融資】数多くの個人向け融資がある

国や市町村が提供する公的融資は、生活に困窮している方や世帯収入が少ない方、高齢者、障碍者などを対象としています。

借りられる金額は多くはありませんが、連帯保証人がいる場合は無利子、いない場合でも1.5%と返済の負担が小さいという特徴があります。また、国や市町村からの支援制度ということもあり安心感もあります。

一方で、審査は厳しく、融資条件を満たしていることを確認するために数多くの書類が必要になり、複数のプロセスを経ないと借り入れができません。

融資を受けられるようになるまで1ヶ月、緊急で借りる場合でも数週間はかかります。

生活福祉資金貸付制度の概要
生活福祉資金貸付種類対象者貸付限度額償還期限
総合支援資金生活支援費低所得世帯2人以上:月20万円以内
単身:月15万円以内
10年
住宅入居費40万円以内
一次生活再建費60万円以内
福祉資金福祉費低所得世帯580万円以内20年
緊急小口資金障害者世帯
高齢者世帯
10万円以内12ヶ月
教育支援資金教育支援費低所得世帯高校:月3.5万円以内
高専、短大:月6万円以内
大学:月6.5万円以内
卒業後20年
修学支援費50万円以内
不動産担保型生活支援通常型低所得の高齢者世帯土地の評価額の70%程度、30万円以内なし
要保護世帯向け要保護の高齢者世帯土地の評価額の70%以内、生活扶助額の1.5倍以内

【日本政策金融公庫】担保・保証人なしで起業資金が借りられる

日本政策金融公庫は、国が100%出資している金融機関です。様々な形の融資を提供していますが、企業向け融資、特に創業時の融資に関しては銀行以上に積極的に対応してくれます。

銀行と比べて様々な面で融資してもらいやすく、担保や保証人は原則不要です。審査時間も銀行なら1~2ヶ月かかるところを、日本政策金融公庫は3週間~1ヶ月程度となっています。

また、返済期間も最長20年と長く余裕をもって返済していくことができます。

起業時に融資を受けたい経営者には日本政策金融公庫は有力な資金調達の手段となるでしょう。

【国の教育ローン(教育一般貸付)】超低金利で教育ローンが利用できる

文部科学省によると、幼稚園から高校まで公立、大学が私立の場合、平均学費はおよそ766万円と算出されています。また、全て私立校だった場合の平均学費はおよそ2,200万円です。

子供のいる家庭では、教育費の捻出は大きな課題になります。低所得世帯だとさらに負担は増すでしょう。

日本政策金融公庫では教育一般貸付「国の教育ローン」を提供しています。上限限度額は子供一人につき350万円、金利は1.95%と非常に低く、しかも固定金利です(2023年8月時点)。しかも、ひとり親世帯や低所得世帯はさらに低い金利が適用される可能性があります。

保証は、(公財)教育資金融資保証基金または連帯保証人のどちらかから選ぶことができます。申し込んでから融資まで20日程度かかるので余裕をもって申し込みましょう。

【善意銀行貸付事業】寄付で困窮している方を助ける

善意銀行は、「困っている人を助けたい」という善意で集まった金銭や物品による寄付で、様々な理由で困窮している方々を支援しています。

支援は小口貸付、必要な物品の購入・寄贈、イベントへの招待、ボランティアなど、様々な形で行われています。

小口貸付は無利子で利用できます。だれでも利用できるわけではなく、申し込むには民生委員や社会福祉協議会に相談し、了承される必要があります。融資は申し込んでから数日以内に受けられます。

生活再生のためにお金を借りる方法

生活再生のためにお金を借りる方法

金融機関のみならず公的融資を受けるのも難しい方のためのおすすめのお金借りる方法を紹介します。

【生活サポート基金】他の金融機関で審査通過が厳しい方でも借りられる

生活サポート基金」は生活再生の支援を目的とした一般社団法人です。生活再生が目的のため、一般的な融資の審査が通らないような目的でもお金を借りられます。

  • 債務整理のための資金
  • 公共料金や家賃等を滞納した際に整理するための資金
  • 他金融機関から借り入れができない場合の生活資金
  • 債務整理後、生活再建を果たすための自立支援のための資金
  • 一時的な生活資金
  • 不動産の競売や給与差し押さえをされている場合でも生活再建が見込める場合、再建のための資金

相談や融資の案内は無料で受けられ、融資後も継続的な支援を受けられます。

利用には以下の条件があるので、注意しましょう。

  • 貸金業法に基づいており総量規制が適用されるので借り入れの上限は年収の1/3まで
  • 連帯保証人が必要
  • 利用対象者は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に居住している方

【生協】組合員になれば相談の上融資を受けられる可能性がある

生活協同組合(生協)は、出資金を支払い組合員になると融資を受けられます。上限金利は10%程度で連帯保証人が必要です。

生協の貸付は組合員であれば誰でも利用できるわけではありません。利用には、一定の収入があり貸付によって生活再生が望め、返済が可能と判断される必要があります。

そのため、担当者との面談で生活再生手段等の具体的な説明ができなければなりません。

融資には下記のように複数の種類があり、利用できる地域や条件が異なります。

  • 大学生協(満18歳以上の大学生協の学生組合員、教職員組合員)
  • グリーンコープ生協(福岡県、熊本県、大分県、長崎県、山口県)
  • 消費者信用生活協同組合(岩手県、青森県)
  • みやぎ生協(宮城県)
  • 生活クラブ連合会

生協の融資は「他制度優先の貸付制度」です。利用を希望する方が生活保護や公的融資、法的整理などが有効な場合はそちらの利用が推奨されます。

この4つの方法なら学生もお金を借りられる

学生がお金を借りるには

18歳以上の学生がお金を借りる代表的な方法としては下記の4つの方法があります。

  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 学生ローン
  • 奨学金

学生でも「20歳以上」「アルバイトなどの定期的な収入がある」など、状況によって選択肢は大きく異なります。

もし20歳以上の方でアルバイトなどに就労して毎月の収入があれば、大手消費者金融のカードローンの審査を通る可能性は十分あります。

2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられたため、一部の消費者金融は18歳以上の方の申し込みを受け付けています。しかしほとんどの金融業者は20歳未満の申し込みに対応していません。

18歳以上でクレジットカードを保有している方であればキャッシングも利用できます。ただし、学生が利用できるクレジットカードのキャッシング枠は5万円~10万円と一般的な利用金額より少額です。

【学生ローン】18歳以上で高校生以外であれば利用可能

学生ローンとは、学生専門のカードローンで、利用するには学生証の所有が必須条件です。限度額も50万円までとされているので、大きな金額は借りられません。

一部高校生を対象としている業者もいますが、基本的に高校生は利用できません。社会人も申し込むことはできませんが、学生の時に申し込んでいた場合は一定の年齢まで継続利用可能としている業者はあります。

ローンカードを発行している学生ローンは多くありません。ほとんどの場合、融資は銀行振り込みか店舗で直接受け取るかのどちらかになります。

【奨学金】経済的に進学が難しい方への支援

奨学金は、経済的な理由から進学が難しいという方への融資制度です。申し込みに必要な条件を満たして審査に通れば、必要なお金を借りることができます。

奨学金は、一般的によく知られている学費を借りる「貸与型」と条件がかなり厳しいものの返還の必要がない「給付型」があります。

貸与型は、教育ローンを含めた教育関係の融資制度の中では最も金利が低く、条件を満たせば無利子で借りることもできます。

在学期間中は返還が免除されているのも特徴で、学生が勉学に集中できるよう配慮されています。

審査には時間がかかるので、進学が決まってからだとそれまでに審査が終わらないこともあります。高校生のうちから申し込みは可能なので、早めに準備しておくと安心です。

困った時にお金を借りる方法と注意点

困った時にお金を借りる方法と注意点

【駅】乗車賃が足りない場合にお金を借りられる

駅でお金を借りられるケースは、「乗車後に目的地までの電車賃が不足していることに気づいた」場合のみです。改札をくぐる前に財布や定期券を忘れた・紛失したという場合には、貸してもらえません。

お金を借りるには「支払猶予願い書」への記入と身分証明書の提示が必要になります。返済はお金を借りた駅まで直接行かなければなりません。旅行や出張などで遠方にいるときは切符などの扱いには特に注意しましょう。

Suicaを利用している方はチャージが減ってることもあるかもしれません。しかし、Suicaの場合は、Suica購入時に払ったデポジット分の金額が利用できます。デポジットは500円なのでその範囲でしか利用できませんが、近場を移動するなら十分対応できるでしょう。

Suicaの払い戻し金は、入金残高から手数料220円を差し引いた金額+デポジット500円となります。また、払い戻せる場所はJR東日本の駅のみで、身分証明書の提示も必要です。

【警察】財布の紛失時や盗難にあった際にお金を借りられる

外出している時に財布を紛失した時や盗難にあった時など突発的にお金がなくなる可能性があります。その際に家族や友人に頼ろうとしても連絡手段がなければ途方に暮れてしまいます。

このような状況になれば最寄りの警察に行って被害届の作成や財布が落ちていなかったかの確認をするでしょう。

この時に場合によっては警察からお金を借りられます。「公衆接遇弁償費」が適用される可能性があるからです。

警察からお金を借りられるのは主に以下のケースです。

  • 財布の紛失や盗難
  • 病人の保護
  • 交通事故で怪我人がいる
  • 行方不明者が見つかった、など

いずれも緊急性を要し、警察が絡む事案に対してお金が必要になった場合に限ります。借りられる金額は1,000円程度です。

警察からお金を借りる場合、たとえ少額の借り入れでも返済は必ず行わなければいけません。

借りる場合は借受願書に住所や名前、職業などを記入する必要があるので踏み倒しは不可能です。

警察からお金を借りるのは、借りられる金額から考えると手間がかかる感じも否めません。

そのため、「いざという時には警察からお金を借りられる」と覚えておけばよいでしょう。思わぬ出来事に巻き込まれた場合に、知っているかどうかで対応にも差が出てきます。

ただし警察や交番によって対応は異なるのでご注意ください。ある交番は借りられたとしても、他の交番になると門前払いになることもあり得ます。

【大使館】海外で盗難にあった時には相談できる

海外で財布を紛失または盗難にあった場合は、すぐにその国の日本大使館に相談してください。

お金を借りること自体はできませんが、「日本にいる家族・友人に海外送金してもらう」など対処法を教えてもらうことができます。

現金やクレジットカードを一箇所にまとめておくとリスクが大きくなるので、海外に行く際にはカードや現金を分散して持つなど万が一に備えておきましょう。

【家族・知人】人間関係を壊さないように細心の注意を!

ローンや融資制度が使えない場合は、家族や知人からお金お借りなければならないかもしれません。

しかし、親しい人たちとのお金の貸し借りは、注意して行わないと関係や信頼を壊してしまう可能性があります。

家族や知人からお金を借りる際には、金融業者などからお金を借りるとき以上に気を使う必要があります。誠実な態度で相談し、後々のトラブルを回避するために必ず借用書を作成して返済をしっかり行いましょう。

お金に困ってもしてはいけないこと

お金に困ってもしてはいけないこと

いくらお金に困っていても決して手を出してはいけないお金の調達法があります。一度利用すると必ず後悔しますし、普通の生活にもどれないかもしれません。安易にアプローチしないでください。

SNSを通じての怪しいバイトや個人間融資

逮捕のおそれも?高額報酬の闇バイトは絶対に避ける

X(旧Twitter)やインスタグラムなどのSNSで、高額な報酬の仕事の依頼や募集を見かけるかもしれません。

このような仕事募集の中には特殊詐欺の受け子や強盗、携帯電話の名義貸しなど、違法行為に加担させられる案件が数多く含まれています。

最近では、海外に監禁されて無理やり働かされたり、仕事を果たしても報酬が支払われないどころか囮として利用されたりするなど、悲惨な実態が報道されています。

闇バイトには絶対に関わらないようにしてください。

また、犯罪者は一般的な仕事を装って募集をかけていることも珍しくないので、SNS上での仕事の募集には細心の注意を払う必要があります。

個人間融資で安全に借りられる可能性はない

個人間融資はSNSやインターネットの掲示板で個人同士でお金の貸し借りを行う方法です。

このような方法で貸付を行う人は大抵が違法金融業者の窓口であり、関わると様々な被害に遭います。

  • 女性に対してわいせつ目的でお金を貸す
  • 入手した個人情報を悪用する
  • 完済した後に無理やり貸し付ける(押し貸し)
  • 融資せずに手数料や保証金目的でお金を振り込ませる

個人間融資を名目にする悪意のある人は多数存在しており、もはや詐欺行為の温床と言っていいでしょう。

そもそも、見ず知らずの人間に個人がお金を貸すのは普通に考えておかしくはないでしょうか?このような人は必ず何か魂胆があるとお考えください。

違法金融業者(闇金)は申し込みも避ける

法律では10万円までの貸付の上限金利は20%ですが、違法金融業者(闇金)は法定金利などお構いなしの法外な金利でお金を貸し付けます。

闇金を題材とした漫画などで「トイチ(10日で元金の1割の利息)」という言葉を聞いたことがあるでしょう。トイチを実質年利に換算すると実に365%の利率です。

しかも闇金の金利は元金と利息を含んだ金額に利息をかける複利です。雪だるま式に元金が膨れ上がり絶対に完済できない状況に陥ります。

闇金は債務者が返済できなくても違法な取り立てやあらゆる方法で回収します。自己破産など法的に借金が免除になっても彼らには関係なく絶対に取り立てます。自身のみならず家族や周りの方にも多大な迷惑がかかります。

インターネットでは堂々と「ソフト闇金」と歌っている違法金融業者の広告も見受けられます。親しみやすいHPで強引な取り立てを行わないとアピールしていますが、闇金は闇金です。

何があっても絶対に関わらないでください。

クレジットカードのショッピング枠の現金化や携帯キャリア決済の現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化は強制解約になる

クレジットカードのショッピング枠を現金化は、利用者に対しクレジットカードで安価な(もしくは架空の)商品を購入させ、手数料を引いて利用者に支払う方法です。

このような換金法の手数料は法定金利を超えている場合が多く違法です。たとえ一時的にお金を手に入れたとしても非常に高い手数料を支払わなければいけないので割に合いません。

しかもショッピング枠の現金化はカード会社が固く禁じています。クレジットカード会社にショッピング枠の現金化が発覚すると強制解約されます。

クレジットカードを強制解約されるとその事実が信用情報機関に数年間は記録されます。いわゆるブラック状態になるので、金融機関からお金を借りられなくなります。

キャリア決済現金化は携帯電話会社が禁じている

携帯キャリア決済の現金化は、「d払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」などでキャリア決済を行い、手数料を差し引いた金額を利用者に支払う方法です。

キャリア決済の現金化は各携帯電話会社が規約で禁じているので、利用した事実が判明するとキャリアから強制解約されます。

ただし、携帯キャリア決済の現金化は法律で禁じられているわけではないため違法ではありません。

とはいえ、現金化を持ちかけてくる相手は基本怪しい人物である可能性を考えると関わらないほうが賢明でしょう。

正しいお金を借りる方法を知って安全に利用しよう

正規の借り方、困ったときの手段、違法な融資、違法ではないけど規約で禁止されている方法などをご紹介しました。

違法性のある方法を推奨してくるところではトラブルに遭うリスクのほうが高く、それどろこか人生そのものに暗い影を落としてしまいかねません。絶対に利用しないよう注意してください。

お金を借りるときは必ず信頼できるところで相談し、生活や目標のために役立ててください。

監修者
澤山 雄次
澤山 雄次
保険業に携わる前は東京で映画俳優をしていました。もらえる役は脇役でしたが、どの様に表現すれば観る人の心に響く演技が出来るのだろうか、いつも考えていました。俳優業を辞めて徳島に戻り、縁あって保険業界に入りました。お客様の保障を考える時、お客様は私たちの舞台の主役です。どうすれば真にお役に立てるだろうか。喜んでいただけるだろうか、今も昔もどうすれば「響く」のかを毎日考えながら活動しています。

<保有資格>
2級ファイナンシャルプランナー技能士
シニア・ライフ・コンサルタント(生命保険応用課程)
外貨建保険販売資格
変額保険販売資格
損害保険資格(基礎・自動車保険・火災保険・傷害疾病保険)
損保大学課程専門コース(法律・税務)

記事URLをコピーしました